Pocket

これってどこかで見覚えのある形wと思った方も多いのでは?

ロシア・スホイ社のドローン「新型無人戦闘機「オホートニク」」だそうです。

まあ、こう言う形になるのには、必然性もあるのでしょうし、開発過程にも事情があるのでしょう。

アメリカ軍による大型の攻撃型ドローンの利用が約10年に達している一方で、ロシアでは開発が本格化したのが10-15年前とか・・。
(英国王立国際問題研究所のロシア問題専門家)

これは基幹的な軍事技術なのに、致命的な遅れと言えます。

ロシアと言えば、天然資源以外、産業らしい産業が思いつきません。

兵器産業は数少ない輸出品ですが、この状態だと他国にその地位を脅かされても不思議ではありません。

中国などはドローン王国とも言えるでしょうし。